MENU TEL

Blog記事一覧 > むちうち,交通事故,兵庫県,整骨院,明石市,神戸市西区,自動車保険,自賠責保険 > 「明石市 交通事故治療 整骨院」交通事故の現場で、相手と何を話せばよいのでしょうか?

「明石市 交通事故治療 整骨院」交通事故の現場で、相手と何を話せばよいのでしょうか?

2016.12.07 | Category: むちうち,交通事故,兵庫県,整骨院,明石市,神戸市西区,自動車保険,自賠責保険

皆様こんにちは。

 

兵庫県明石市大久保町高丘にあります

「明石市交通事故治療むちうち治療センター」です(アイリス整骨院)

早くも12月の1週目が終わりました

師走と呼ばれるだけあって、本当にあっという間に時間が過ぎている感じです。

皆様は年末年始に向けて、ご予定通りに用事をこなせてますでしょうか?

私、全然進んでおりませぬ・・・・・・

 

 

本日は交通事故Q&A

 

Q「交通事故の現場で、相手と何を話せばよいのでしょうか?」

についての回答です。

 

A「安易な損害賠償などの返答は避け、相手や保険会社の連絡先などを聞いてメモしておきましょう。」

 

 

交通事故の現場で、どちらが良い悪いと主張される人がおりますが、

そういった場合は、その場で結論を出そうとする事はやめておきましょう。

交通事故直後は、加害者、被害者ともにお互い興奮気味で冷静な判断がしにくい状況だからです。

当院にご通院されておりました患者様の中にも、交通事故直後で気が動転してしまって、

相手が言うがままに本来の交通事故状況とは違う事を、承認してしまったりする場合がありました。

 

ですので、交通事故の責任割合(過失割合)については後日に、保険会社を交えて話しあう事になりますので、

相手側から結論を求められても、書面化したりしないようにしましょう。

 

まずは、冷静に対応する事が、求められます。

お互いの連絡先や車の修理場所、任意保険の加入の有無、加入している保険会社の連絡先などを

メモしておくとよいでしょう。

 

交通事故の現場で警察官に、判断を求めるケースもよくあります。

しかし、一般的に警察官は事故処理だけおこなって、後の賠償問題に関わることについては

民事不介入の原則がありますので、「お互いで、よく話し合ってください」と、

明確な回答は避けると思われますので、交通事故直後は事故の状況をメモするだけにとどめ、

後日改めて話し合うということで、相手側と交渉しましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒674-0057 兵庫県明石市大久保町高丘5-13-8
駐車場完備(2台以上置けます)
予約予約優先制となっております
電話番号078-977-7713
休診日日・祝日
水曜・土曜の午後